転移した癌を治す|カラダに負担を与えない治療

難治性がんの医療最前線

女の人

早期発見が難しく難治性と言われるすい臓がんは、手術ができない患者さんも少なくありません。多くは抗がん剤や放射線療法でがんの成長を抑える治療が中心となります。抗がん剤や放射線照射の新技術も開発されており、免疫療法との併用で成果を出しています。早期発見に威力を発揮するMRCPも導入が進んでいます。

もっと知ろう

症状や原因、予防法など

聴診器

食道とは、口から胃にかけて食べ物を送り込む臓器であり、ここにがんが発生したものを食道がんといいます。初期症状がほとんどなく、早期発見は難しいですが、毎日の食事において少しでも違和感を感じたら、少しでも食道を疑うようにしましょう。予防法としては、過度なアルコールや喫煙を控えることなどが挙げられます。

もっと知ろう

症状の悪化防止を行う

病院

食事の改善と向上

癌になると、体力が落ち体調も不安定になりますが転移すると体の大部分が癌細胞によって蝕まれていくため体力をつけるためにも食事の改善と向上を行っていく必要があります。癌になると、肉体的な負担だけでなく精神的な負担も大きく受けます。転移するとなると、体力の消耗も激しくなるので栄養のある食事を摂っていくことが大切になります。癌治療を受ければ、少なからず副作用があるため食事がなかなか取れないことも出てくると言われています。そのため、より食事が取りやすいように飲みやすいものや食べやすいものに変えるなどして栄養補給を効率的に行っていくことが大事になります。ストレスを溜めずに、リラックスして過ごすことも大事になります。

免疫療法が有効である

体の特定の部位にあった癌は、転移すると体全体に広がり癌細胞を増やして多くの臓器に悪影響を与えていきます。転移すると、基本的に手術や放射線では一部分の治療しか出来ないため全身の治療である化学療法が行われます。しかし、化学療法で使われる抗がん剤は副作用が強く薬剤を使い続けていくことでそれに適応しようとすることで耐性が出来てしまうため治療を受け続けていくうちに効果が感じられなくなることもあります。そこで、注目されているのが免疫療法になります。免疫療法は、全身の転移した癌の治療にも良く副作用が少なく体への負担も少ないと言われています。早い段階で病院を受診して、免疫療法を始めることで病気の進行を抑えることが出来ます。

肝臓の内外にできるがん

医者

肝臓から十二指腸へと胆汁を運ぶ管を胆管といい、ここにできたがんは胆管がんと呼ばれています。胆管がんも初期のうちに発見できれば治療しやすいので、健康診断の数値に気をつけるとともに倦怠感などの軽い症状でも病院で診てもらうことが大切です。

もっと知ろう