転移した癌を治す|カラダに負担を与えない治療

肝臓の内外にできるがん

医者

肝臓から十二指腸までは、肝臓でつくられた胆汁を運ぶ管が通っています。この管が胆管で、胆管にできたがんを胆管がんと呼びます。胆管は肝臓から十二指腸まで続いているので、そのうち肝臓の内部に位置する部分ががんになると肝内胆管がんといい、肝臓の外側に出た部分でがんができると肝外胆管がんといいます。胆管がんの原因ははっきりと解明されているわけではありませんが、C型肝炎のウイルスを持っていると発症につながることがあるといわれています。また、肝内結石も原因となることが多いとされています。胆管がんも普通の肝臓がんと同じく症状が現れてからでは進行が進んでいることが多いので、健康診断を受けたときは肝臓に関わる数値をしっかりチェックすることが大切です。

胆管がんは初期の段階では見つけにくいことが多いですが、それでも人間ドックを受けていればそうでない場合と比べて発見しやすいといわれています。健康診断以外では、肝臓の異常を示す自覚症状に注意することが必要となります。ほかのがんと共通した症状として、胆管がんでも体重の減少や長引く倦怠感・発熱などが挙げられます。こうした症状は自律神経失調症などでも現れることが多いので、ストレスのせいと考えられがちです。しかし黄疸などの症状が出てきてからでは症状が進行していることも多いため、少しの異常でも軽く考えずにきちんと病院で診断を受けるようにしましょう。黄疸の症状が出ると、体にかゆみを感じることもあります。また、みぞおちなどに痛みを感じるという症状もあります。