転移した癌を治す|カラダに負担を与えない治療

症状や原因、予防法など

聴診器

症状や医療状況

食道とは、口から胃にかけて食べ物を送り込む働きを持つ筒状の臓器であり、ここにがんが発生したものを食道がんといいます。食道の周りには気管や気管支、肺や心臓といった重要な臓器が密接しており、食道がんが転移した場合、これらの重要な臓器にまで影響を及ぼす場合が多いです。初期の場合はほとんど無症状であり、症状があったとしても微量であるか、または喉の痛みと混同してしまうことなどによって、早期発見は非常に困難を極めます。さらに進行すると、大きい食べ物がつっかえやすくなったり、喉の周辺の痛みが継続したりなどの症状が現れるようになります。転移するほど進行してしまうと、胸部や背部の痛みや圧迫感が感じられ、この頃にはほとんどのものが食道を通らなくなります。食道がんは、初期症状のみでは発見が困難ですので、定期検診や人間ドッグは非常に重要になります。また食道がんは、昔は治療が困難とされてきましたが、最近では医療技術の発達により、生存率が上がってきた病気ともいえます。

原因や予防法など

食道がんの原因としては、過度なアルコールや喫煙、熱いものの食べ過ぎや喉の酷使、最近では日常生活におけるストレスによるものも増えてきました。食道がんを予防するためには、日頃の生活習慣を見直すことが大切です。アルコールや喫煙はほどほどに抑え、熱すぎる食べ物は冷ましてから食べるようにする、またストレスを溜め込まないことなどが挙げられます。食道がんにおける早期発見のポイントは、毎日の食事にあります。初期症状がほとんど出ないので早期発見は難しいとされますが、それでも他の臓器のがんに比べたら、発見する機会には恵まれているといえます。毎日の食事において少しでも喉周辺が染みたり、食べ物がつっかえやすくなったりしたら、少しでも食事がんを疑うようにしましょう。